Windows上で複数のXAMPPを共存させる

この記事の所要時間: 約4分

というか、既に XAMPP が入っている環境にさらに別の XAMPP を追加する方法。

  • Windows 7
  • 既存の XAMPP のバージョン:忘れた
  • 追加する XAMPP のバージョン:1.8.1

ダウンロード、インストール

XAMPP の、ZIP 版(もしくは 7zip 版)をダウンロードする。インストーラ版は落とさない。その後、適当なフォルダに展開する。

展開したら、インストールフォルダ直下の setup_xampp.bat を実行する。

各種ポート番号の変更

Apache

今回は 80 から 81 に変更する。

インストールフォルダ\apache\conf\httpd.conf を修正。

SSLのポート番号についても同様に修正する。対象のファイルは インストールフォルダ\apache\conf\extra\httpd-ssl.conf。

MySQL

今回は 3306 から 3307 に変更する。

インストールフォルダ\mysql\my-****.ini を インストールフォルダ\mysql\bin\my.ini としてリネーム、コピー。その後、「3306」を全て置換する。

phpMyAdmin(MySQLポート番号指定)

インストールフォルダ\phpMyAdmin\config.inc.php に以下を追加する。

サービス登録バッチ修正

サービスに登録/サービスから削除するバッチファイルを修正する。

インストールフォルダ\apache\apache_installservice.bat

インストールフォルダ\apache\apache_uninstallservice.bat

インストールフォルダ\mysql\mysql_installservice.bat

インストールフォルダ\mysql\mysql_uninstallservice.bat

起動

サーバを起動し、http://localhost:81/ にアクセスして色々やる。普通にXAMPPをインストールしたときと変わらない作業ができれば成功。

エラー発生時

この場合はiniの指定がおかしい。サービスを削除してini修正後もう一度サービスを登録する。