SourceTree

この記事の所要時間: 約2分

Git for Windows は CUI ツールなので、見た目にわかりやすい GUI ツール SourceTree を入れてみたい。

コマンドラインしか使わない場合はいらない。

Windows 8.1 使用。

インストール

Git for Windows を事前に入れておくこと。

ダウンロード

Download SourceTree for free

今回は「SourceTreeSetup_1.6.14.exe」をダウンロードした。

インストール

適当に Next とか Install とか押していけばOK。

SSH の設定

  1. メニューから「ツール」→「オプション」を選択する。

    sourcetree_01

  2. 「SSH クライアントの設定」で、「SSH クライアント」を「OpenSSH」にし、「SSH キー」には前述の ssh-keygen にて生成した「id_rsa」のパスを設定する。

    sourcetree_02

  3. パスワードを聞かれるので、ssh-keygen にて生成した時のパスワードを入力する。

リポジトリのクローン

  1. GitLabのプロジェクトサイトに行き、右下の方の Clone 用文字列をコピーする。

    gitlab_03

  2. SourceTree を起動し、「新規/クローンを作成する」を選択する。

  3. 「元のパス/URL」欄に、1. でコピーした文字列を設定する。

    「保存先のパス」は好きに入力する。

    「クローン」ボタンを押下。

    sourcetree_03

無視ファイルの設定

  1. 右上の「設定」を押下する。

    sourcetree_11

  2. リポジトリ設定画面で、「詳細」タブを選択し、「リポジトリ固有の無視リスト」の「編集」ボタンを押下する。

    sourcetree_12

  3. テキストエディタが開くので、中身を編集する。

    .gitignore の書き方は以下を参照
    無視ファイル(.gitignore)