LinuxにXAMPPをインストールする

この記事の所要時間: 約3分

手持ちの Lubuntu に XAMPP をインストールしたときのメモ。たぶん Ubuntu 系ならどれも一緒だと思う。

  • Lubuntu 12.04
  • XAMPP Linux 1.8.1

XAMPP のインストール

XAMPP for Linux からダウンロードした圧縮ファイル xampp-linux-1.8.1.tar.gz を、 /opt 直下に、管理者権限で解凍する。
Lubuntu の場合、ターミナルから sudo pcmanfm として管理者権限でファイルマネージャを起動すれば、あとは GUI 上で簡単に操作できるので楽。

起動、終了

sudo /opt/lampp/lampp start で起動。
sudo /opt/lampp/lampp stop で停止。
ApacheとMySQLの両方が起動/終了する。

MySQL が起動しない…

サーバを開始すると「Couldn’t start MySQL!」とか何とか出て MySQL が起動しなかったことがあった。
最初にインストールしたとき、root でなくログインユーザで展開してしまっており、パーミッション絡みで問題が発生しうまく動かなかったらしい。
一度ディレクトリごと削除してから、上記のように root で展開を行ったところ解消された。

今度はphpMyAdminにアクセスできない…

/opt/lampp/etc/extra/httpd-xampp.conf を修正する。

「Require all granted」を追加。

ブラウザで確認

http://localhost/ を開き、「日本語」を選択するとメイン画面に遷移し、「XAMPP Linux版へようこそ 1.8.1 !おめでとうございます:システム上にXAMPPが正しくインストールされました!」とかいうメッセージが表示される。
ここでいくら言語を選択しても画面遷移しない場合はパーミッション絡みの問題が起きているので、一旦削除し root でインストールしなおす。

セキュリティ関連設定

「セキュリティ」を選択し、いろいろ設定する。Windows版と大差なし。

phpMyAdmin

最初はドイツ語なので日本語を選択する。