ヘボいネットブックにLinux Mintをインストールする

この記事の所要時間: 約3分

せっかくxubuntu入れたけど…

この間xubuntuを入れたんだけど、もともとWindowsユーザの俺としてはやはり微妙に使いづらかったので、よりWindowsライクだという噂のLinux Mintを入れてみようと思い立った。

手順

基本的にはxubuntuの時と同じ。ただ、unetbootinから直接最新版を落とすことができないようなので、まずはLinux Mintの公式サイトから最新版のisoをダウンロードする。今回落としたのはバージョン14「Nadia」とかいうやつの、MATE版。

unetbootinを起動して、落としたisoを指定して、あとの手順は省略。やっぱり簡単。

感想

俺レベルの使い方だとどっちもかわんないな…。見た目以外に何が違うのかわからん。とりあえずスキンで見た目をカスタマイズできるようなのでWin2kっぽくしてみたけどそれくらいかな…。

ならばCinnamonを入れてみよう

UIが一段とイカスがMATEに比べて不安定&少し重い、とウワサのCinnamonも試してみたい。本体のスペック的にかなり不安ではあるけれども(現状でも少しもたついている感じ)、消えて困るデータもないので試してみようか。

インストール手順は一緒。インストール後の設定も一緒。ubuntu派生は一度使い方覚えるとみんな一緒だから楽でいいな。

感想 (2)

見た目がかなり洗練されていて素晴らしい、というのが第一印象。予想していた通りやっぱりうちの低スペ機だと少し重いみたいでもたつき気味になるけど、UIの良さとトレードオフで納得できる範囲ではあるし、実用上もそこまで問題ない程度の重さなのでこのまま使っていこうかなと思う。一応 lubuntu-desktop も入れておこうかな。できるよね?

ただ、何度かフリーズしたなぁ。ビジーな時に素早くいろいろと動かしたりして少しでも無茶をするとあっさり固まっちゃうという印象。もう少しまともなPCならこんなことは起きないのか、それとも起きるのかはよくわからない。

あと特に重要視してるわけじゃないんだけどスキンの豊富さでは MATE だなぁ、Windows 風のやつとかあって面白かったし。

追記

ここまで書いておいてなんだけど、Lubuntu を使うことにしました。理由は非常に軽いから。なんかぜんぜん違う。