データ出力時の書式指定

この記事の所要時間: 約2分

アプリケーション全体で指定する

画面表示時にデータのフォーマットを行いたい場合、ApplicationクラスのnewConverterLocatorメソッドをオーバーライドして、IConverterクラスを詰めたConverterLocatorを作成して返却するようにする。

上記の例では、このアプリケーション内の全てのDate型のデータは「yyyy/MM/dd HH:mm:ss」というフォーマットで出力されるようになる。ちなみに上記で使用しているPatternDateConverterを使うにはwicket-datetimeライブラリが必要なので注意。

項目毎に指定する

全体的に適用するのではなく、特定の項目でのみフォーマットを変更したい場合は、対象コンポーネントの getConverter(Class)をオーバーライドして、自力でIConverterを返すようにすればできる。

(もっと簡単なやり方があるのかどうかは不明)