セットアップ

この記事の所要時間: 約3分

インストール

  1. EclipseLinkから、ファイル(EclipseLink 2.1.1 Installer Zip)をダウンロードする。
  2. 解凍する。
  3. 以下のライブラリにクラスパスを通す。
    • jlib\eclipselink.jar
    • jlib\jpa\eclipselink-jpa-modelgen_2.1.1.v20100817-r8050.jar
    • jlib\jpa\javax.persistence_2.0.1.v201006031150.jar

    (今回はJPA2.0を使いたいので、jlib\jpa\javax.persistence_1.0.0.jar などは不要)

  4. クラスパスルート\META-INF\persistence.xmlファイルを作成
    (Webアプリなどを作成する場合、WEB-INFと同階層にMETA-INFフォルダを作ったりするが、それのことではない)

エンティティ作成

Eclipse(というかpreiades)を使用している場合、右クリック→「JPAツール」→「テーブルからエンティティーを生成」などとすればアノテーション等の設定されたエンティティクラスが出来上がり、上記persistence.xmlにも設定が追記される。テーブルの関連付けとかも簡単にできてしまうのでおすすめ。

手動でやる場合は以下の通り。

  1. エンティティクラスを作成する。
    • クラス宣言部にアノテーション追加
    • フィールド(もしくはgetterメソッド)にアノテーション追加。以下は一例
  2. persistence.xml に設定を追記。