開発環境のインストール

この記事の所要時間: 約3分

Javaのインストール

Sun…もといOracleのサイトに行ってインストーラをダウンロード。現在、JDKは http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/ からダウンロードが可能。JREでも開発はできる。

Android SDKのインストール

http://developer.android.com/sdk/ からダウンロードし、exeなら実行、zipなら適当なところに展開する。

Eclipseのインストール

Eclipse と書いたが、Pleiades をインストールするのがオススメ。UltimateJavaを選ぶこと。以下、Pleiadesをインストールしたものとして進める。

Eclipseプラグインのインストール

Eclipseを起動し「ヘルプ」→「新規ソフトウェアのインストール」を選択し、「作業対象」欄に https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/と入力する。エラーが出る場合はhttpsをhttpに直してみたりするといいらしい。

成功すると「開発ツール」というチェックボックスが出てくるのでチェックを入れてインストールする。

Eclipseプラグインの設定

「ウィンドウ」→「設定」で設定画面を開き、左ペインのツリーで「Android」を選択。「SDK ロケーション」に、Android SDKを展開したフォルダを指定する。

次に「ウィンドウ」→「Android SDK および ADV マネージャー」を選択し、左ペインの「Available Packages」を選択。いろいろ取捨選択はできるが全部選択してインストールするのがオススメ。

同画面で、左ペインの「Android Virtual Device」を選択。エミュレータ環境を設定する。

プロジェクトの作成

新規プロジェクトに「Android プロジェクト」が追加されているのでそれを選択する。