お金が支配する歴史

この記事の所要時間: 約8分

クタジマ-トシトは、おかねに きょうみを もった。

1582 ほんのうじ

のぶながが います。ほんのうじは すでに みつひでの へいにより とりかこまれて います。

のぶなが: かわった きものだな。おまえは せいようじんか? はい

のぶなが: わたしに そのふくを くれないか? はい

のぶなが: そうか すまんな。ところで そとが さわがしいようだ。みて くれんか? はい

みつひでの へいが おそってきました。かなりのにんずうです。
のぶながは かてないと はんだんしたようです。せっぷくしようとしています。とめますか? はい

のぶなが: やはり しぬのは こわい。おかねは いくらでも だす。たすけてくれないか? はい

のぶながは なにごとも なかったかの ように しろへ かえって いきました。

1592 おおさかじょう

かねづかいが あらく、 じぶんの おかねを つかいはたしてしまった のぶながが こまっています

のぶなが: きんで ほんのうじを さいけんしたのが わるいと おもうか? はい

のぶなが: おかねが なくなったら また せんそうして もうければいい。そう おもうだろう? はい

おかねが ほしいという しゅうねんで ちょうせんしゅっぺいに せいこうし きんざんを てにいれました。

1600 せきがはら

みんこくの きんざんが ほしくて たまらない ひでよしが います。

ひでよし: おまえは きんが ほしいと おもうか? はい

ひでよし: わたしの しろを きんぱくに する。さんせい してくれるか? はい

ひでよし: よし、わたしは みんこくの きんざんを とるぞ。さんせい してくれるか? はい

ひでよし: わたしに できないことなど ないと おもうだろう? はい

ひでよし: わたしは せかいで いちばん よくの ふかいおとこだ。そう おもうだろう? はい

よくばりな ひでよしは すごい ちからで みんこくを たおし きんざんを てにいれました。

1637 しまばら

しろうは なにか おこっているようです。

しろう: かみは おかねでは かえないと おもうだろう? はい

しろう: おかねを おさめる しゅうきょうだけを みとめる ばくふは まちがっていると おもうだろう? はい

しろう: しゅうきょうを おかねで けがされるのは ゆるせない。そうだろう? はい

しろう: しゅうきょうさえ あれば おかねは いらないか? はい

しろう: しかし しゅうきょうだけでは たべて いけないぞ いいのか? いいえ

しろう: おかねが なければ、しゅうきょうに すがるしかないと おもうか? はい

しろうは じぶんの かんがえの あまさに きづいて 「かねの もうじゃ」となり しょうがいを おくりました。

1680 ふね の うえ

きのくにやは せけんの みにくさを なげいて います。

きのくにや: おかねは あいよりも つよいか? いいえ

きのくにや: おかねは ちからより つよいか? はい

きのくにや: でも あいでは たべていけないぞ。そう おもうだろう? はい

きのくにや: わいろに かつには ぼうりょくも ひつようか? はい

きのくにや: ぼうりょくを つかってでも わいろは なくすべきか? はい

せいぎかんの つよさが ひとびとに うけて きのくにやは ただしいしょうばいを せいこうさせました。

1837 おおしお

こめと おかねを ばくふに ひとりじめされた おおしおが おこっています。

おおしお: しょみんたちは くるしんでいるか? はい

おおしお: それほど ひどいのか? はい

おおしお: わたしは しょみんたちを たすけることが できると おもうか? はい

おおしお: おまえは わたしに ばくふと たたかえと いうのか? はい

しょみんたちの くるしみが ちからと なり おおしおは ばくふに かち しょみんたちを たすけました。

1853 うらが

ぺりーが 「こばん」が ほしい と やってきました。

なおすけ: ぺりーには 「こばん」の うつくしさが わかるそうだ。おまえには わかるか? はい

なおすけ: こんな わらじのようなもんの どこが いいんだ?
ぺりーは きんが もくてきでは ないのか? はい

なおすけ: では たかく うりつける というのは いいと おもわないか? はい

なおすけ: うるなら にせの 「こばん」にしよう。いいか? いいえ

「わたしは やはり うりつけるぞ。だまされるほうが わるいんだ。」なおすけは おおもうけ しました。

1864 いけだやまえ

いけだやに かりた おかねを どうするかと こんどうが こまっています

こんどう: やはり おかねは かえす ものだと おもうか? いいえ

こんどう: わたしは だまされて いるのでは ないか?
ひとの いうことなど しんようできるか。そう だろう? はい

こんどう: おまえは わたしが しんよう できるか? はい

こんどう: しゃっきんなんか ふみたおすものだ。そう だろう? はい

こんどうの こわさに だれも おかねを とろうとせず そのまま ふみたおした そうです。

1877 さいごう

なんとか おかねを てに いれようと びんぼうな さいごうが なやんでいます。

さいごう: わたしは かねもちだと おもうか? いいえ

さいごう: わたしに ちからが あると おもうか? はい

さいごう: わたしは たくさんの とちを もっている。そう おもうか? はい

さいごう: わたしは それを ちからづくで とったと おもうか? いいえ

さいごう: わたしは たんなる かねもちに みえるか? いいえ

さいごう: ちからづくで かねもちに なれると おもうか? はい

つぎつぎと かねもちたちを たおしていった さいごうは おおがねもちに なりました。

1894 とうきょう

ひろぶみは さいきん りっぱな くるまを かいました。

ひろぶみ: この くるまは すごいと おもうか? いいえ

ひろぶみ: たかかったんだ。すごいと おもわないか? いいえ

ひろぶみ: しんこくから おかねを かりた わたしを ばか だと おもうか? いいえ

ひろぶみ: ちからづくで ふみたおそうか? はい

ぐんたいを ひきいた すてみの ひろぶみは しんこくに かち、しゃっきんを ふみたおしました。

1941 とうじょう

とうじょうは おかねの つかいかたについて かんがえています。

ひでき: おかねを つかうのが たいへんだと しっていたか? はい

ひでき: 「あめりか」の かねもちと あそんでみようか? はい

ひでき: 「はわい」あたりで せんそうごっこでも したいと おもうが いいか? はい

ひでき: きっと おもしろいぞ。おまえも やって みたいだろう? はい

おかねもちは つかいたいだけ おかねを つかって せんそうごっこに とりくみました。
ひがいを うけたのは 「はわい」だけでした。→ エンディング

他の歴史の1592に行くには

無理っぽい?