ひとこと小ネタ集

この記事の所要時間: 約5分

バーニングライバル

シンゲンでCPU戦クリアを目指す。

シンゲンは通常投げ(レバー前+大P or 大K)の間合いが尋常ではなく、スクリュー並に吸ってしまう。なのでとにかく一度ダウンさせ、起きあがりに立ち小キックを重ねて通常投げ…という具合にハメるのが基本。

コツとしては、小K→レバー前+大P or 大Kをチェーンコンボのように入力するとよい。喰らっていようがガードされていようがとにかく投げる。小Kを省いて直に投げに行っても相手の投げ間合いの外から吸える。敵はたまに投げ抜け(?)するが気にしないで積極的に投げを狙おう。

また、もし攻撃を喰らってしまっても、敵が近い位置にいる場合は喰らっている最中にレバー前+大Pを連打しておくことで攻撃が途切れた瞬間に吸える。

これ以外にはしゃがみ大Pが強い。出が早く判定も強い対空技なのでこれで待っても良い。しかもHITすると相手は喰らい判定を残したまま浮くので追い打ちが可能。

形意拳

ロータスマスターでCPU戦クリアを目指す。

連続技

J大P→近立大P(2段)→レバー前大P(2段)→236P or 236K
基本連続技。最後の飛び道具は画面端に追いつめていれば小Kで、離れていれば大Pもしくは大Kで出す。また、画面端の場合は236+小P以外にもJ大Pなど色々な技で追い打ちができるので試してみるのも面白い。
ちなみにJ大Pはめくり能力があるので使いやすい。おすすめ。
J大P→近立大P(2段)→レバー前大P(2段)→236236+K→追い打ち
1ゲージ使用連続技。まあ最後の必殺技を超必にしただけ。背の低いキャラ(ドランクマスターなど)には最後の超必殺技がカス当たりすることがあるので早めのキャンセルを心がける。
J大P→近立大P(2段)→分身攻撃(前)→近立大P(2段)→63214+P→追い打ち
2ゲージ使用。236+大P+小K(分身攻撃)全段HIT後、相手はくらい判定を残したまま空中に浮いているので追い討ちをかけることができる。
236+大P→236236+P
236+大Pの終わり際を地上で喰らってくれれば、236236+Pが入る。大道芸。

CPU戦基本戦術

基本的には上記の連続技を狙っていくわけだが、J大Pが反応されて返されやすい場合、ジャンプのかわりに4+小P+小K(後転してから小ジャンプして攻撃)を使うと面白いように引っかかってくれる。

対ラスボス

基本連続技を何とかして決めよう。一応ラウンド開始直後はかなりの確率で喰らってくれる。最後を飛び道具にするとダウンせずに着地するがそれに攻撃を重ねるとなぜかまた喰らってくれる。たまにガードされるけど気合で乗り切る。

ブレイカーズリベンジ

サイゾウ使用(2P側の場合はユキカゲ)でCPU戦クリアを目指す。

飛び道具系必殺技「飛竜」を大Pボタンで出すと爆弾を投げるが、CPUは反応して前方ジャンプするので、その着地に再び「飛竜・大」を重ねダウンを奪う。そして敵の起きあがりに「飛竜・大」を撃つとジャンプするので以後繰り返し。ラスボスもこれで倒せる。

キャラ別ワンポイント

対マハール
「飛竜・大」を撃つと「バルーン・ボム」で避けることがあるので「飛竜・大」→「飛竜・大」ではなく「飛竜・大」→「円月斬・大」にした方がよい。
対アルシオンIII
「飛竜・大」で跳ばせたらジャンプ大Pで撃墜する。
対タオロン
画面端同士に離れた間合いで「飛竜・小」を撃つと「功龍牙」を撃ってくるが「飛竜・小」が一発だけ貫通してHIT。これでハマることが多い。
対ライラ
「飛龍・大」で跳ばせて遠距離立ち大Pで撃墜。ちなみに遠立ち大Pはヒットさせても反撃を食らうクソ技なので対戦で使う場合は要注意。

グルーヴ オン ファイト

CPU戦全キャラ共通攻略法

敵を一度ダウンさせたら、起きあがりにダウンする技を重ねる。これの繰り返し。

ストリートファイター ザ・ムービー

ガイル大佐を使用してCPU戦クリアを目指す。

vs.リュウ・アクマ戦
試合開始直後に大サマー、ダウンさせたら近づいてしゃがみガード(近づきすぎると起き上がりに投げられるので、サマーが当たる範囲で遠ざかり密着はしない)。相手は起きあがりに必ず昇竜拳を出すので、ガードして大サマー。以後繰り返し。
vs.その他戦
試合開始直後に大サマー、すぐに下タメを開始し起きあがりに大サマーを重ねる。

マッスルボマー

タッグマッチでCPU戦クリアを目指す。

プレイヤーはアストロを、パートナーにはハガーを選択。アストロとハガーで敵二人を挟み込むようにしてボコる。これで一周クリアはカタい。二周目も同様にするが、キックした足を捕まれて投げられることが多い。