キャラ別攻略・ハイウェイスター

この記事の所要時間: 約10分

星道子(ほしみちこ)

キャラクター紹介

アメリカ人の父と、日本人の母を持つハーフ。「聖テーカン学園中等部」の理科の教師。普段の彼女は生徒からの人望も厚くやさしい先生だが、一度バイクに乗ると命知らずの走り屋に変貌する。天使とのシンクロにより、風を自由に操れるようになった。

あらゆる場面から狙える強力コンボで突き進め!ただし通常技のクセが強くはじめは戸惑いがち。体もでかい。

通常技解説

地上技で特に重要なのは下小P下小K。単体での連打などはできない(下小Kの目押しは実用的かも)が、下小Pから下小Kに、また下小Kから下小Pに繋ぐことができるため、H・Sの地上での連続技は下小P-下小K-下小P-下小K-…とするのが基本。

下大Kはリーチも長く、当然ながらHJでの追い打ちができる重要技。ただし単体の攻撃力はかなり低いので注意。小技連打のほうがよっぽど減る。

レバー入れ大Pレバー入れ大Kは判定が異常とも言えるほど強い。地上ではこれらを適当に出すだけで戦えるほど。特にレバー入れ大Kはひどく、足先から見えない衝撃波が飛んでいるとしか思えない。たぶん気力0の虎煌拳より飛ぶ。

(ホーミング)ジャンプ攻撃はJ小KJ大Pの2段が安定。J大Kは出るのが遅く使いづらい。またJ大P-J大Kも一応入る。が、とてもじゃないが実戦で使えるレベルではない(J大Kの出が遅いため)。

さらに、空対地攻撃としてはJ小Kを省いて判定の強いJ大P単発で突っ込んでいくのも有効。

必殺技解説

必殺技 ホイール・ブレイキン 地上 236P
スピニング・ギア 地上空白空中 623P
アタックトランス・フィールド 地上 63214P
ダンシング・ギア 地上 63214K
感情超必殺技 バニシング・エグゾースト 地上 641236KK
エアリアル・エグゾースト 空白空中 641236KK
ホイール・ブレイキン
出が遅く弾速も遅い飛び道具。跳ね返しに注意。少し離れた位置で出せば、HIT後にHJからの追い打ちが決まる。
スピニング・ギア
いわゆる昇竜系だがH・Sの強さの大部分を占めている重要技。攻撃・防御に大活躍。連続技の要で、基本的に大のHIT後はHJ-追い打ちができる。
アタックトランス・フィールド
単体でも攻撃判定を持つが、本来は飛び道具を跳ね返す技。飛び道具を一旦吸収し、R-TYPEの対空レーザーみたいなのを発射する。
少し離れた位置で出せば、HIT後はHJ-追い打ちができる。
ダンシング・ギア
地対地の場合に限り、GC技として抜群の性能を誇る。相手の体の一部が触れてさえいれば距離に関係なく吸えるため、スピニング・ギアではカス当たりの恐れのある大天使さまのダルシムパンチ(仮)もダンシング・ギアなら確実に返せる。ただしダメージは低く、空中の相手には効果無し。
バニシング・エグゾースト
バイクに乗って突進する技。出が遅く、最大2HITしかしないためケズリも期待できず、無事2HITしてもダメージはたったの52。下小P-下小K-下小P-下小K-下大Kの方が減る。こんな技とてもじゃないが使えない。
※エアリアル・エグゾースト
アーケード版のみ使用可能。空中でバイクに乗ってくるくる回る技。何これ。ださっ。しょぼっ。

連続技紹介

初級(初心者編)

J小K-J大P-下小P-下小K-下小P-下小K-下大K-追い打ち攻撃
8HIT・108ダメージ
ジャンプ攻撃-地上技-追い打ち、という初プレイでもできる超単純連続技。
しかしこれだけで7割以上の体力を奪う…。

中級(実戦編)

J小K-J大P-下小P-下小K-下小P-下小K-下大K-HJ-J小K-J大P-スピニング・ギア(大)
14HIT・205ダメージ
初級連続技にHJ攻撃を追加したもの。最後のスピニング・ギアは入れなくても一応即死。
PS版とアーケード版ではスピニング・ギアを出すタイミングが変わるので注意。
PS版の方は普通のキャンセルの感覚だが、アーケード版の場合キャンセルタイミングががなり遅い。
最後のスピニング・ギアはこちらが先に着地した瞬間に地上版を出してもいいくらい(実はその方がダメージも高くなる)。
下小P-下小K-下小P-下小K-下大K-HJ-J小K-J大P-スピニング・ギア(大)
12HIT・166ダメージ
上の連続技からJ攻撃を省いたもの。でも即死。地上戦で小技が入れば即死確定の恐怖。
スピニング・ギア(大)-HJ-J小K-J大P-スピニング・ギア(大)
12HIT・144ダメージ
GCでスピニング・ギアを使用した時用の連続技。実はこれで即死。
J小K-J大P-下小P-下小K-下小P-立大P-下大P-スピニング・ギア(大・2HIT)
9HIT・143ダメージ
HJ追い打ち無しの即死。立大P-下大Pの部分は同時押しキャンセルを使用。
ホイール・ブレイキン-HJ-J小K-J大P-スピニング・ギア(大)-HJ-J小K-J大P
10HIT・162ダメージ
ホイール・ブレイキンは大小問わず。即死。
ホイールは弾速が遅いため、慣れた相手に出すとかなりの確率で跳ね返される。
レバー入れ大P-下小K-下大K-HJ-J小K-J大P-スピニング・ギア(大)
10HIT・145ダメージ
中段から即死。エグイよこれは。
実は下小Kからレバー入れ大Pが連続技になるので、一時期「下段-中段-下段」のガード崩しを含む強力な連続技として有名だった。
実際トレーニングモードでも確認できる連続技なのだが、実はガード操作時は喰らい硬直が短くなるという現象や、 初段の小足をガードされた時の距離の開き(闘姫はヒット時よりもガード時の方が距離がより開いてしまう)等のため 中段後の下段がガードされてしまい、実戦ではガード崩し連続技として効果的でないことが判明。
そのため最初の下小Kを削っての掲載となった。これでも一応中段→下段の即死連続技ではある。
地上K投げ-HJ-J小K-J大P-J大K-スピニング・ギア(大)-HJ-J小K-J大P
11HIT・18+166ダメージ
投げからも即死。もう何がHITしても殺せるね。
対キリコ専用:ダンシング・ギア(大)-HJ-J小K-J大P-スピニング・ギア(大)-HJ-J小K-J大P-スピニング・ギア(大)
9+14HIT・31+224ダメージ
ダンシング・ギアからのHJ攻撃は普通入らないのだが、キリコのみやられ方が特殊らしく入ってしまう。
実はダンシング・ギアからHJ攻撃部分はHIT表示が繋がっていない (「9HIT・31ダメージ」部分がダンシング・ギア、「14HIT・224ダメージ」部分がHJ攻撃以降) が、キリコ側はHJ攻撃をガード・回避することができないので、連続技と判断した。
ちなみに、ダンシング・ギアのバウンド中にHJ小Kなどを一発だけ当てて止めると、キリコはしゃがんだポーズで空中に浮いてしまう。
この状態は、キリコが一度何かの技をガードするかダウンするまで続く。
またどうやら地上判定らしく、再度ダンシング・ギアが入ってしまったりする。
基板、PS版のどちらでも発生してしまうのでこれはもはや仕様。
対H・S専用:空中P投げ-HJ-J小K-J大P-J大K-スピニング・ギア(大)
1+8HIT・26+124ダメージ
H・Sに対して空中投げをするとなぜかバウンド中に攻撃が入るのだが、それを利用したもの。
上記のキリコ用連続技同様、HIT表示は繋がらないが即死。
対H・S専用:空中K投げ-HJ-J小K-J大P-J大K-スピニング・ギア(大)
1+8HIT・21+124ダメージ
上の連続技と同じだが、P投げよりK投げの方が難易度もダメージも低い。
(相手空中時)(J大P)×6
6HIT・140ダメージ
多段ジャンプを使わず一回のジャンプで即死する連続技。縦キャンを使用する。
技的にはJ大Pが6回だが、実際の操作は、ジャンプ-(大P+大K-レバー下大P+大K)×3 となっている。
4発止め-スピニング・ギア(大)でも即死する。こっちの方が実戦レベルで使うには適している。

上級(究極連続技編)

対H・S専用:(空中投げ-HJ)×n
?HIT・?ダメージ
H・Sに対して空中投げをするとなぜかバウンド中に攻撃が入るのだが、それを利用したもの。
空中投げはP・Kどちらでも可能。P投げの後は遠くに飛ぶのでちょっと待ってHJ(低空になるように)して投げ、 K投げなら近くに落ちるのでHJ直後に投げ。ちなみにHIT表示は繋がらない。
{HJ-J小K-J大P-スピニング・ギア(大)}×n
?HIT・?ダメージ
これまで散々書いてきたおなじみの連続技は実は無限段だった。
タイミング次第で繰り返せる。確認できたのは3セットくらい。