低温調理器 Anova nano を買いまちた。

最近Amazonギフトをもらったので、これ幸いと前から気になってたけど自腹で買うのはためらわれたことでおなじみの低温調理器「Anova」をついに購入したのだった。

今は少し小型化された「Anova Nano」というのが最新機種らしい。

箱はなかなかスマートでオサレ。

Anova Nano

そうそう、一緒にこの中国製の真空パック器を買ったんだけど。

これだけじゃなくて低価格帯の中国製真空パック器全般に言えることらしいんだけど、定格電圧110Vになっているものは日本の100Vだと電圧不足のためヒーターの温度が十分に上がりきらず、何も考えずに使うと密封に失敗することがあるんだよね。

つまり、袋を熱で溶かして接着するはずが、温度が上がらないとうまく溶けずにスキマが開いて密閉できない、ことがある。

とりあえず「シール」ボタンを何度か空打ちして予熱してやればしっかり封ができるらしい。まあ安物だし我慢するしかないか。

 
 
まあそれはそれとして、開封の儀とかは省略して調理開始だ。

今回はローストポークに挑戦。

500gの豚肉の表面に塩コショウ適量を揉み込み、真空パックする。

鍋に水を張り、Anovaをセットして、今回は「64℃・2時間」でセット。
あらかじめ設定温度に近いお湯を用意しておくと予熱の時間を省略できて楽。

調理中

これ、温めるだけじゃなくてお湯を対流させてくれるんだな。こりゃいい。

 

で、Amazonプライムで映画見ている間に2時間が経過。

できあがった豚肉がこちら。

ローストポーク

きれいな色!しっかり火が通ってるし、色も均一だ。

早速食べてみたけど…うまい!!

全くぱさついておらず肉汁もしっかり出てジューシー。しかも柔らかい。お高めのハムをさらに柔らかくしたみたいな。

時間はかかるけど放置するだけだから簡単にも程があるし、火を使わないから危なくない。そもそもコンセントがあればできるからキッチンでやる必要すらないのでじゃまにならない。

もっと言うと真空パックの食材をお湯で加熱するだけだから肝心のAnovaが一切汚れず後片付けが超簡単。

使えるぞこれは。もっと早く買っておけばよかったかなー。