グランド・ツアー シーズン2 #7 悪戦苦闘!ノンストップ給油大作戦

グランド・ツアー シーズン 2 (字幕版)

みました。

最初はランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテのレビュー。途中の「偶然居合わせた」メイだけど、なぜそこまで偶然を強調するんだろ?元ネタか何かあるの?

ハモンドが大量に何かを吐いていたカンバセーションストリートの「性的性質が未熟」という言い回しが謎だった。

続いてはタイトルにもある「ノンストップ給油」。相変わらずのコント仕立て。どう考えても笑える。

最後の漫画とかでよくあるトレーラー使って車ごと盗むみたいなアレ、まさかすんなり成功するとは思わなかった。コーヒーはこぼれまくってたけど…。

ちなみに誰もツッコんでなかったけど、最初の給油車のボンネットにあるロゴ「Motorway Inter Lane Fuelling」の頭文字がひどい。

アウディ対ランチアは時々あるドキュメンタリータッチな企画。とても面白かった。ああいう「限られたリソースの中で知恵と工夫とルールを駆使して戦いを挑む」みたいなのは好きだわ。

ワルター・ロールさんもカッコイイ。でも後で調べたらこの人翌年にランチアからアウディに移籍してるんじゃん!しかも前年にはオペルにいたらしく、オペル→ランチア→アウディと渡り歩いてしかも3連覇してるとか。めちゃくちゃすごすぎるね…。まさに「パートのドライバー」だ。

あと、驚いたのがコースを塞ぐ形で写真を撮っている人たち。車がやってくるとわらわらと逃げ出すんだけど大丈夫なのこれ?他の観客も、柵も何もないのにあまりにもコースに近すぎる。いくらなんでも危なすぎない!?今はどうなのかは知らないけど…。

セレブリティフェイスオフは「他人を殴って稼いでいる人対決」。そうだけど言い方がひどい。