ドキュメンタル シーズン4 #2 「ペナルティカード続出」

みました。

序盤、黒沢がうるさく騒ぎたてるでもなく静かな感じにおかしいことをしていてじわじわくる。変なおじさんの口調で「そうです」と答えるところ、誰も笑わなかったけど、よく我慢できたなぁ。

その後の食べるラー油の会話でさらっと「投げるシューマイ」を差し込んだフジモンがくっきーを笑わせることに成功。

大悟は早くもオレンジカード、ノブも普通の会話なのに急に笑いをこらえきれなくなりイエローカード。

そんな中、黒沢が謎の笑い二連発で一気にオレンジカードに突入。

クロちゃんは無自覚・無表情なまま破壊力の高い攻撃を繰り出しフジモンが撃沈、イエローカード。クロちゃんへの攻撃はやばい。全部鏡のように跳ね返されてしまっている。

後がない黒沢は攻勢に転じ「縄の振動」で飯尾を笑わせることに成功。

そしてくっきーおなじみの写真ネタでノブが「カァーン!」という謎の奇声を発し、オレンジカード。千鳥がピンチ。

脱落者こそ出なかったものの、カードは確かに続出した。次回はどうなるのか。

ここまでの感想

  • 前シーズンのように「写真を見ない」「ネタから逃げる」といったことをする人がおらず、全員正々堂々とネタに向き合っているのがすごくいい。そのせいか、笑ってるように見えながらスルーされる人が今回もいるにはいるけど、以前ほど気にはならない。むしろ応援したくなる。
  • 黒沢の酔っ払い介抱ミニコントの笑顔がダメなら、井戸田のハンバーグ師匠中の笑顔もダメなんじゃ…?
  • クロちゃんの「誰この声?著名人?」でめちゃくちゃ笑った。全員耐えてたのがすごい。