グランド・ツアー シーズン2 #2 めざせナイアガラ!フォードGT VS 乗り継ぎの男たち

グランド・ツアー シーズン 2 (字幕版)

みました。

まずは緑一色の「メルセデスAMG GT R」のレビュー。落として、上げて、最後に落とした。

そしてエボラコースのドライバーがシーズン1の「アメリカン」ではなく、オーディションで選考されたという女性ドライバー(名前は紹介されなかった)に替わっていた。腕はいいらしい。アメリカンはキャラが立っていたのに残念。

しかし今回の目玉は何といっても「自動車 vs. 公共交通機関レース」!これをみたかった!

ジェレミーは「フォードGT」を、ハモンドとメイは公共交通機関(電車、飛行機、バス)を使い、ニューヨークからナイアガラの滝までどちらが先に到着するかを競う。

前回のヒルクライム中の事故で松葉杖状態のハモンドを”介護”しながら奮闘するメイ、飛行機の予約を操作し嫌がらせをしながら爆走するジェレミー、どちらが勝ったのかは見てのお楽しみ。あと電話帳の登録名がひどい。

「セレブリティフェイスオフ」は「小さな球を打って投げる人対決」。なんのこっちゃと思うけど…つまりクリケット選手「ケビン・ピーターセン」と野球選手「ブライアン・ウィルソン」が対決する。…どっちも知らない!

ケビン・ピーターセンは綺麗な走り、ブライアン・ウィルソンは荒々しい走りとスタイルは対照的ながらタイムはほぼ互角で、コンマ数秒の差しかなかった。どちらも前回の勝者より3秒ほど早い。つまり今回の勝者は(暫定的に)コースレコードホルダーにもなった。

今回も面白かったね。以前激安シリーズもやったし、こうなるともう完全にトップギアだね。